馬の学校 比較検証!今、評判の東関東馬事高等学院へ

資料請求はこちらから

本校の特徴

馬の高校 東関東馬事高等学院(通称:バジガク)は、国内に存在する馬の学校において、施設・環境・授業カリキュラム・馬の求人数・卒業実績どれを取り上げても一番優れている学校であると評判。馬を通じて「社会人育成」からスタートした本物の高校生のための高等学校です。

東関東馬事高等学院では、「未来の社会」を見据えながら「馬を通じてできること」を常に考え、学ぶ生徒にとってどのような授業カリキュラムが良いのか…、どんな学習環境で生徒たちを学ばせるべきか…、講師はどうあるべきなのか…などを常に考え、生徒たちに安心して学んで頂ける学習環境の構築に取り組んでいます。

今の社会は、私たちが思うよりずっと急激に変化し続けています。経済のグローバル化、デジタル技術の革新、少子高齢化、どれも馬社会にとって無関係とは言えません。今後こうした状況の中で刻々と変化する社会に対して、その「変化」にも柔軟に対応し思考力と想像力を・発想力・問題を解決する力、チームで働き、コミュニケーション力を持ち「馬を育て、自分を育てる」本校で過ごす3年間は、そうした社会をしっかり歩んでいく上で必要な要素がたくさん詰まっています。

特徴
緑豊かなキャンパスで充実した高校生活馬と過ごせる全寮制の高校

1日の大半を、馬と共に過ごします。普通の高校では得られないさまざまな体験をこの3年間で経験できますよ。何よりも生徒たちがのびのび過ごせる高校3年間です。

特徴
知識を詰め込んだ学力テストは意味がない中間・期末テストはありません

知識を詰め込んだだけの中間テスト・期末テストで生徒たちの学力をはかるのではなく、年間を通じて各教科に取りくんだ成果を学習成果として評価したものを単位に認定しています。
学ぶ気持ちはあるのに、テストが苦手!という生徒たちには、本校の学習スタイルは非常に適した成果をあげています。

特徴
校内で全乗振の乗馬ライセンスの取得へ乗馬資格の取得を目指せる!!

東関東馬事高等学院では、全国乗馬倶楽部振興協会認定の指導員が多数在籍しますので、校内で乗馬ライセンスの取得が可能です。また、ライセンスを取得することで、騎乗トレーニングの学習成果や、課題研究の学習成果に充当するため、いわゆる従来の高校でいう中間テスト・期末テストと同等の効果をもたらせます。したがって、本校では中間テスト・期末テストがない高校授業カリキュラムを設定できています。

特徴
寮生活を楽しみながら仲間ができる…寮生活で仲間と楽しめる高校

全寮制の高校、寮生活ができる高校というと、不安を感じる入学生も少なくありません。しかし、実際に本校の寮生活で過ごしてみると、仲間が増えたり、コミュニケーションが取れるようになったり、寮生活を楽しんでいる高校生たちばかりです。「全寮制の高校」と聞くと確かに「規則に縛られ生活を強いられるイメージ」が湧きますが、東関東馬事高等学院では、生徒たちがお互い楽しく安心して過ごすための最低限のルールはありますが、生活を強いられる環境ではまったくありません。ぜひ、安心して寮生活にチャレンジしてみよう!

特徴
引退して行き場のない馬たちも大活躍!馬から生徒へ・生徒から馬へ…

本校では、競走馬を引退して行き場のない馬たちが、全国の競馬場や牧場から40頭ほど、年間を通じて東関東馬事高等学院にやってきます。

そうした馬たちは、生徒たちにしっかり面倒を見てもらい、やがて乗用馬(乗馬で活躍する馬)へと変わり、乗馬という第二の世界で活躍していきます。
生徒たちがいるからこそ、そうした行き場のない馬たちが生きていく道が見つかり、反面、生徒たちはそうした馬たちのおかげで、東関東馬事高等学院で馬と過ごしながら、たくさんのことを学び、高校を卒業していきます。生徒たちは、馬を必要として、馬たちも東関東馬事高等学院の生徒たちを必要としています。東関東馬事高等学院は、そうした引退競走馬の受け皿としての役目も生徒たちにより担うことができ、年間を通じて40頭以上もの引退競走馬の命を、生徒たちのおかげで、第二の人生へと結び付けていっています。

特徴
馬を通じて広がった仲間たちと一緒に…盛り上がるサマーイベント

本校では、毎年7月にサマーイベントが行われます。サマーイベントは、日中、馬に騎乗しながらの運動会のような感じで楽しみ、馬と人が対決する障害物レースなどもにぎわいます。

夕方になると…。生徒たち同士での出し物披露や、みんなでバーベキューや歌を歌うなど、さまざまな出し物で楽しみます。また、最後にはビンゴ大会で豪華な乗馬用品や日用品まで、プレゼントをたくさんゲットしていきます。
4月に入学した同期同士のコミュニケーションが広がり、また先輩、後輩との絆が深まり、生徒たちもすごく盛り上がるイベントです。

東関東馬事高等学院のコース案内

まだまだ、東関東馬事高等学院には、
たくさんの特徴があります!
気になるコースをチェックしてみよう!!

JRA競馬学校、地方競馬
驚異の騎手課程受験の合格実績!

<騎手受験特別コースの特徴>騎手になるためには、高校1年次・2年次の段階でJRA競馬学校または、地方競馬教養センターの騎手課程受験への合格が必要となります。

そのため、本校では、高校に在学しながら、特殊な騎手受験合格を目指すための特別な高校授業カリキュラムを用意しており、このコースを選択したほとんどの学生が高校1年次・高校2年次に騎手課程受験を合格しています。

担当馬が競馬のレースへ出走も!
感激と感動あふれる授業です…。

<競走馬の育成コースの特徴>競走馬を扱うための基本的な技術や知識を1からしっかりマスターし、2年次・3年次より自分が担当する競走馬をレースへ出走できます。

将来は、JRA厩務員や地方競馬の厩務員、競走馬をあつかう育成牧場への就職を目指す方には最適のコースであり、実際の競走馬を担当しながら、高校の卒業資格を取得できる!とっておきのスペシャルコースです。

たくさんの馬術競技会にも出場!
馬術競技出場経費も本校負担…。

<乗馬馬術選手コースの特徴>東関東馬事高等学院のキャンパスでは年10回程度の馬術競技会を開催しており、生徒のレベルに応じてたくさんの馬術大会出場可能です。

障害馬術やクロスカントリーや馬場馬術を含む総合馬術にも力を入れており、全国高校生馬術選手権大会との活躍実績をもって、馬術部をもつ有名大学へのセレクション制度にも対応している本校でも注目のコースです。

体験入学・学校見学開催予定日

騎手受験特別コースの検討の方
5/13(土) 6/17(土) 7/9(日) 8/19(土) 9/18(祝・月)
競走馬の育成コースの検討の方
5/14(日) 6/18(日) 7/1(土) 8/5(土) 9/3(日) 9/24(日)
乗馬馬術選手コースの検討の方
5/14(日) 6/18(日) 7/1(土) 8/5(土) 9/3(日) 9/24(日)